Information: September 2011 Archive

10.1はつきいちやさいち。

Information

つきいち やさいち
毎月第一土曜日に開催します
2011年10月1日(土)11:00~16:30ごろ

産地直送の新鮮な野菜と、野菜とともに食べる主食品
野菜に添える付け合わせ、野菜のお惣菜などの「市」です。
毎月第一土曜日に開催します。よろしくお願いします。

18yasaichi.jpg
今月の野菜
玉ねぎ(北海道)じゃがいも(北海道)人参(北海道)ごぼう(宮崎)
にんにく(岩手)大根(北海道)トマト(岐阜)かぼちゃ(北海道)
種なしぶごう(山梨)りんご(青森)ぶなしめじ(長野)エリンギ(長野)
オクラ(長崎)〈産地の状況により多少変更することがあります〉

おしながき
全粒粉のさんかくスコーンほか・・・HOME. フルタヨウコ
→新作ジャムの「黄桃ジャム、洋梨のピンクペッパージャム、パイナップル生姜ジャム、ルバーブ&ブルーベリージャム」など少量ずつですが持っていきます。

塩ケーキ・バナナくんほか・・・・・STYLE'S CAKES
瓶詰め保存食(味噌・醤油漬)など・ごはん屋 ヒバリ
野菜のキッシュ・・・・・・・・・・Afterhours
天然酵母パン・・・・・・・・・・・スロウパン
季節のおにぎり・・...・・・・・代々木 おにぎり盆
ほか

その他の商品
「やさいち」限定オリジナルエプロン・・nooy
ふんわりカラフルエコバッグ・・・・・・ポルカドット(京都)
季節の小花ブローチ・・・・・・・・・・feltico フェルティコ
キリヌキこくばん・・・・・・・・・・・のぐちようこ
ほか

その他、常設の商品もございます。
スコーン・ドリンクなどは店内でお召し上がりいただくこともできます(数量限定)


エリアムーブメント 連続トーク「地域を活かす8人と8つのプロジェクト」でお料理つくっています。

Information

すでに何回か終了してしまったのですが、とても興味深いトークばかりですので、ぜひ。


■エリアムーブメント 連続トーク「地域を活かす8人と8つのプロジェクト」開催のお知らせ


地域を意識しながら、地域をこえたつながりをもち、独自の立ち位置と方法でクリエイティブの力をつかい、自らの責任で活動する。そんな新しいタイプの地域活動プロジェクトが目立つようになってきました。この連続トークでは、そんな活動をしている人に、本人の生い立ち、考え方、生き方、プロジェクトのはじまり、しくみ、めざしていることなど、本音の話を聞ければと思います。対話も交えて考える場にし、参加者それぞれの活動に活かせるヒントが見つかり、この集いのつながりから新しいプロジェクトの種が生まれることを願っています。

第0回  9月3日(土) Start up Talk 「まちと気持ち」
出演: 萩原 修(デザインディレクター/中央線デザインネットワーク代表)
   橘昌邦(まち奉行/株式会社POD共同代表)
   酒井博基(クリエイティブディレクター/株式会社リライト代表)
   小松伸一(団体職員/東京商工会議所)
●時 間:14:30 開場
     15:00~16:30 トーク
     16:30~17:30 交流会

第1回 9月6日(火) 「まちと拠点」寺井元一(まちづクリエイティブ)
第2回 9月13日(火)「まちとサステナビリティ」鈴木菜央(greenz. jp)
第3回 9月20日(火)「まちとものづくり」後藤哲憲(旭川市ものづくり推進室 旭川市工芸センター)
第4回 9月27日(火)「まちとコミュニティ」酒村なを(東京にしがわ大学学長)
第5回 10月4日(火)「まちと子育て」松本理寿輝(まちの保育園)
第6回 10月11日(火)「まちと遊び」星野諭(NPO法人コドモ・ワカモノまちing)
第7回 10月18日(火)「まちとチーム」梅田智子( HIP/高松トライアスロン)
第8回 10月25日(火)「まちとメディア」籾山真人(立川空想不動産/東京ウエッサイ)


●時 間:19:00開場
     19:30~21:00 トーク 
     21:00~22:00 交流会
●場 所:ラ・ケヤキ
東京都新宿区内藤町1-6
当日問合せ Tel : 080-4383-2525
http://www.lakeyaki.com/

●定 員:30名(事前申し込み制)
●参加費:3000円(当日支払い)
※1ドリンク+交流会(多摩産野菜がテーマの美味しいおつまみ)付き

●主 催:中央線デザインネッワークhttp://www.chub.jp/

●企画・運営:エリアムーブメント研究会
地域を意識して活動している人たちといっしょに学び考える会です。建築、デザイン、都市計画、アート、観光、産業、地理、歴史、文化、経済など、さまざまな切り口から、地域を活かしたプロジェクトについて模索を続けます。

●共催:株式会社 POD  ラ・ケヤキ
●ケータリング:古田陽子 ●グラフィックデザイン:葉田いづみ

● 申し込み方法:
1. 参加希望日
2. 参加者氏名(フリガナ)
3. 携帯電話番号
4. メールアドレス
5. 仕事内容 を明記して、
「エリアムーブメント研究会」係
メールで、info@areamovement.jpまでお申し込みください。


【出演者プロフィール】

寺井元一
1977年兵庫県生まれ。大学院時代にNPO法人KOMPOSITIONを設立。公園・空地やビル壁面などを表現者の活動の場として提供するプロジェクトを運営。横浜・桜木町のグラフィティ描き変えプロジェクト「桜木町 ON THE WALL」、ストリートバスケ大会「ALLDAY」など。2010年、まちづくりとクリエイティブの融合を目指した、株式会社まちづクリエイティブを設立。千葉県松戸の一部エリアを「MAD City」として活性化するプロジェクトを開始。コミュニティ創出、イベント企画、不動産といった事業を展開している。

まちづクリエイティブ 
http://www.machizu-creative.com/


鈴木菜央
1976年バンコク生まれ東京育ち。東京造形大学デザイン学科卒業、2002年〜「月刊ソトコト」編集。2006年「あなたの暮らしと世界を変えるグッドアイデア」をテーマにしたWebマガジン「greenz.jp」創刊。メディアを通して持続可能でわくわくする社会に変えることが目標。

greenz.jp
http://greenz.jp/


後藤哲憲
1970年北海道旭川市生まれ。秋田大学鉱山学部物質工学科卒業。旭川市役所勤務。主にCAD/CAM/NCの木工加工技術を担当しており、他に製品開発支援や販売支援も行う。2004年から旭川クラフト活性化に向けた商品開発や販路開拓に取り組む。『つくるひと、つかうひと、うるひと、かんがえるひと、つたえるひと』を繋げたいという思いから、旭川木工コミュニティキャンプに関わる。

旭川市工芸センター
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/kougeicenter/index.html
旭川クラフトの総合サイト(旭川クラフトの情報が載っています。)
http://www.asahikawacraft.com/
旭川木工コミュニティキャンプ(AMCC)サイト
http://www.mokkocamp.org/


酒村なを
1983年生まれ。立川の米軍ハウスという「人のつながり」を強く感じるにしがわの「長屋」で育つ。多種多様な人々が集える「場」を地域につくりたいという思いから、仲間たちと共に、2010年東京の多摩地域をキャンパスに見立てた仮想大学「東京にしがわ大学」を立ち上げる。現在は毎月第2土曜日を「にしがわの日」とし、各地で地域独自の授業を開催している。

東京にしがわ大学
http://www.tokyo-nishigawa.net/


松本理寿輝
ナチュラルスマイルジャパン株式会社代表取締役。1980年生まれ。一橋大学商学部商学科卒業。2001年ワタリウム美術館で開催された「レッジョエミリア教育展」に感銘を受け、幼児教育・保育の研究を始める。2003年博報堂に入社、06年より建築企画のベンチャー企業であるフィル・カンパニー取締役副社長を経て、09年4月に独立。国内外の幼児教育・保育の視察を繰り返し、保育園で修行を積んだ後、ナチュラルスマイルジャパンを創業。2010年4月、東京都練馬区に、まちぐるみの教育・保育を実践する「まちの保育園 小竹向原」を開園。

まちの保育園
http://machihoiku.jp/


星野 諭
1978年新潟県妙高高原町生まれ。様々なボランティアを経験し、学生時代に地域活動団体を結成。日本大学理工学部建築学科・同大学院卒業後、設計・まちづくり・観光・中間支援の仕事を経験し、2008年に起業。地域活性化の鍵は子ども・若者の参画にあると考え、五感をつかって、感動・感性・感謝の心を育む「感育」をコンセプトに活動中。都内を中心に「移動式子ども基地」「子どもイベント」「まちデザイン学習」「四季の感育学校」など多分野で活動している。NPO法人コドモ・ワカモノまちing代表。一級建築士・子ども環境プロデューサー・地域コーディネーター。

NPO法人コドモ・ワカモノまちing
http://www.k-w-m.jp/


梅田智子
1977年高知生まれ香川育ち。慶応大学総合政策学部卒業。パソナNAニューヨーク本社に勤務する間、故郷のために何かしたいと2004年「SANUKIプロジェクト」を創設、NYでさぬきうどんブームを仕掛ける。帰国後ゴールドマンサックス証券勤務の傍ら、東京在住の四国出身者のネットワークを作り2008年1月、四国を盛り上げ発信する「Home Island Project」を、2010年には各県の同種団体をつなげて「Team Japan」を創設。趣味はトライアスロンとアカペラ。

HIP
http://www.hipj.net/


籾山真人
1976年立川生まれ。東京工業大学大学院修了。外資系経営コンサルティングファーム、東京R不動産を運営するSpeac,incを経て、株式会社リライト共同設立。本業の傍ら、「東京ウェッサイ」では、コミュニティメディアを通じた新しい地域活性化の仕掛けづくり、「立川空想不動産」ではシネマ通りの「空き店舗」を活用した新たな地域の拠点づくり等に取り組む。

東京ウェッサイ
http://www.tokyowestside.jp/
立川空想不動産
http://www.cuusooestate.jp/


※エリアムーブメント研究会運営メンバープロフィール

萩原 修
1961年生まれ。東京国立育ち。武蔵野美術大学卒業。大日本印刷、リビングデザインセンターOZONEを経て、独立。つくし文具店、コド・モノ・コト、かみの工作所、中央線デザインネットワークなど独自のプロジェクトを推進。

橘 昌邦
1967年千葉県生まれ。過疎地から都心まで地域再生・開発を手掛ける。神田では現代版家守を実践しつつ、CETの立ち上げ、運営に参加。歌舞伎町では吉本興業移転やタウンマネジト。酒田市では庄内柿の商品開発を手掛ける。

酒井博基
1977年和歌山県生まれ。武蔵野美術大学大学院修了。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科博士課程では地域メディアを研究。みんなの想いで街をハッピーにするコミュニティラジオ「東京ウェッサイ」のパーソナリティ。

小松伸一
1977年東京都生まれ。中央大学総合政策学部卒業、東京工業大学大学院修了。東京商工会議所に勤務し、地域振興や中小企業支援など行う。現在は大田支部に所属。その他、つくし文具店や国立本店に関わり、活動の幅を広げている。


10月9日(日)-10日(月祝) 凛緩茶湯 諏訪 神世界共同浴情でお料理つくります。

Information

とても盛りだくさんで、特典ばかりの文化交流会で料理人の一人として参加いたします。
みなさま、10月9、10日は諏訪でお会いしましょう。


rinkanchanoyu_suwa_top_2.jpg

http://sara-ya.com/

凛緩茶湯 ⇔ 諏訪


室町時代に流行した婆紗羅な茶道「淋汗茶湯(りんかんちゃのゆ)」。
真夏に風呂に入って汗を流し、湯上りにお抹茶を楽しみ、宴会で大騒ぎをするというこのイベントを、現代に蘇らせたのが「凛緩茶湯」です。
「凛緩茶湯」は、現代茶湯を追及する「一品更屋」と、弛緩の美学と湯を通した対話を追求する「YUDO(湯道)」が共同し、2011年8月に浅草で初開催され、大きな反響を呼びました。
風呂・お抹茶という2つの「お湯」を媒介として、参加者が互いに距離を縮めて語り合うことで、穏やかで親密な関係をつくり、参加者同士の新しい繋がりが出来たと思います。
今回は温泉、美味しい水、旨い日本酒と豊かな食材が揃う、歴史ある地域、諏訪で、
地域全体を使い、その魅力を存分に味わいながら、「凛緩茶湯」を開催します。
諏訪地域から20人、東京・首都圏から20人の参加者を募集し、相互の文化交流を行います。

古くから聖地とされてきた諏訪の文化と東京の最先端の文化を混ぜ合わせ、
未来への新たな繋がりを作る、新しい文化交流イベントとして
「凛緩茶湯 諏訪 神世界共同浴情」を始めます。


■イベントと展示会

「凛緩茶湯 諏訪 神世界共同浴情」では、
1..諏訪の歴史と文化体験、2.共同浴場で凛緩茶湯、3.諏訪大酒器展、の3つのイベント・展示会で構成されています。


9/19 のぐちようこさん個展でお料理つくります。

Information

大好きなデザイナー、のぐちようこさんの個展でお料理つくります。
おみやげおやつは、パリ在住のパティシエ、フジイミエさん製です。
みなさま、ぜひ!

katachito.jpg
かたちとかたちと
yoko noguchi exhibition 2011

会期:2011年9月19日[月・祝] - 9月24日[土]
   12:00-19:00 最終日17:00まで
会場:tray
   151-0053 東京都渋谷区代々木4-20-4
   tel.03-6677-1999 www.tray.jp
   *小田急線「参宮橋」より徒歩4分 [map]

だれかとだれかと つたえる・おくる かたちとかたちと
かたちには、なにか話しかけてくることば、あるいはうたのようなものがあるように思います。そのなにかに耳をかたむけながら、これまでに伝える道具、贈り物、親子で遊ぶ玩具など、一緒に使う、手渡される、だれかとだれかの間のモノに、かたちを用いてきました。ふと、普段、じぶんとだれかとの間でよく使っているモノってなんだろうと考えてみました。それはほんの一言そえられるくらいのちいさな紙でした。伝えたい一言と一緒に、かたちがなにかを届けてくれることを想像しながら、ちいさなかたちの紙をたくさんつくりました。いろんなかたちは、だれかにとって大切なかたちだったり、じぶんのしるしのようなかたちだったり、その時のきもちのかたちだったりします。どのかたちにしようかなあと、ほわほわとだれかの顔を思い浮かべながら、選んで使ってもらえたらうれしいです。
のぐちようこ
あたらしいモノ:
かたちとかたちと(ちいさな紙 他)

これまでのモノ:
キリヌキこくばん(黒板)・ふうタグ(タグ)・
かみみの:おくるみぶくろ(金封)・ぷくぶくろ(ポチ袋)・
かみふうせん・つながるモビール・つながるはた(オーナメント)他

◎フジイミエさんのかたちとおやつと
パリのchez・bogato (chezbogato.fr)のパティシエのフジイミエさんによるじぶんにもだれかにもおみやげにしたくなるたのしいかたちのおやつ。
*期間中無くなり次第終了

◎フルタヨウコさんのかたちとごはんと
HOME. (home-home.jp)のフルタヨウコさんによるだれかにもたべさせてあげたくなるおいしいかたちのごはん。ほんのすこしうれしいおふくわけ付き。
*9/19[月・祝] 12:00-19:00のみ

[プロフィール]
のぐちようこ/デザイナー/www.yo-happy.com
日用雑貨・文具・玩具・幼児教材など、主にこどものまわりのモノのデザインを手がけている。その他、母、のぐちみつよ(布のえほん作家)との創作活動や、コド・モノ・コト/てぬコレ/かみみの等プロジェクトに参加。

かたちとかたちと展協力:株式会社紙ING


9/17 ぶどう料理教室 ※中止となりました。

Information

ぶどう料理教室、諸事情により中止となりました。
お申し込みしていただきました皆様、大変申し訳ございません。
フルタヨウコ


「フルタヨウコの、果物料理教室」
なると屋+回季のフードディレクションを担当するフルタヨウコが果物をメインに、
野菜をたっぷり食べていただくためのメニューを開発しました。
作業にご参加いただきつつフルタがデモンストレーション。
作ったものをご試食ください。
9月はぶどうの最盛期。様々なぶどうを使用予定です。
*野菜と果物をメインに、肉魚も少し使用するメニューです。

日時:9月17日土曜日 11:30-13:30 
参加費:4,500円 
定員:各10名 
メニュー:前菜/メイン/デザート/飲み物 
<<要予約:narutoya.kaiki@gmail.com。参加人数、お名前、ご連絡先をお知らせください

場所:なると屋+回季 東京都中央区日本橋横山町4-10 大原第5ビル3F 
03-6861-9500 
交通手段:都営新宿線 馬喰横山駅→A1出口を出て、道路向こうに見えるビルの3階(JR総武線快速 馬喰町駅・東京メトロ 浅草線東日本橋駅と地下で直結)


1  2