Information: January 2012 Archive

2/1〜2/3 クラフト食堂@自由学園明日館の担当します。

Information

クラフトセンタージャパン(CCJ)の展示会時のケータリングを数年来させていただいております。今年は新たな試みで「クラフト見本市2012」を開催される中で、クラフト食堂という、自由学園明日館の食堂を使ったカフェを担当します。
2/2.3は一般のかたの展示即売会です。みなさま、ぜひ。

スクリーンショット(2012-01-28 23.07.19).pngのサムネール画像

作り手仕事によって生まれた良質な暮らしの道具
「クラフト・スタンダード」。
作り手が、素材を大切に、使い手のことを考え、
作りながらデザインし、時にデザイナーとチームを組み、
必要なら機械や型も使い、工夫と改良を繰り返して
完成させた日用品。それがクラフトの原点、
クラフト・スタンダードだと私たちは考えます。
クラフト見本市2012には、
クラフト・スタンダードを手がける、60組のつくり手
(デザイナー、小売店、卸会社を含む)が参加し、
これからの暮らしのための日用品を提案します。
誠実な作り手と、見る眼のある結び手 (売る人 ) と、
暮らしを大切にする使い手が出会える場です。

■クラフト・センター・ジャパン(CCJ)とは
CCJは、1960年に、評論家=勝美勝、工芸家=佐藤潤四郎、吉田丈夫、加藤達美、インテリアデザイナー=渡辺力、時の丸善社長=司忠らが中心となって公益財団法人として設立され、各地の丸善店内に常設の展示場を持ち、クラフトの普及に大きく貢献しました。2004年に丸善を離れ、2010年 10月1日、より自由度の高い組織である一般財団法人として新たにスタートしました。
【理事長】 宮脇昭彦 
【事務局長】山口泰子 
【理事】  岡 英司 田中みなみ 萩原 修
      日野明子 丸谷博男 町田俊一 
【評議員】 有岡成員 大治将典 菅村大全 立川裕大
      田中敦子 十時啓悦 野口忠典 福元敬明
      水野加奈子 諸山正則 
【監事】  大橋正之 小林隆志

■見本市概要
主催 一般財団法人クラフト・センター・ジャパン
2012年2月1日(水)-2月3日(金)(入場無料)
10:00-20:00(最終日は、17:00)
自由学園 明日館(池袋駅から徒歩7分)
東京都豊島区西池袋2-31-3
(地図はこちらをご参照ください)
2月1日(水)/結び手(バイヤー、メディア、関係者のみ)
※DM・招待状をお持ちで無い方は当日お名刺をご準備ください。
2月2日(木)・3日(金)/一般公開、展示即売

■語る会
2月1日(水) 17時〜20時
作り手と結び手が少しお酒でも飲みながら、
心おきなく何でも語り合う場です。

■クラフト食堂
出展者の器を使ってのおいしい食堂がオープンします。
2/1 10:00〜16:00
2/2 10:00〜19:00
2/3 10:00〜16:00
※2/1は、バイヤー、メディア、関係者のみ
※11:30〜14:00はランチメニュー。その他の時間はカフェメニューになります。

MENU
<ランチ>
・豚の角煮とほうれん草丼 味噌汁付
・サンドイッチ(卵、野菜、豚肉のパテの3種)とスープ
<カフェ>
・パウンドケーキ、チョコレートケーキなど
<飲み物>
・コーヒー
・紅茶
・加賀棒茶

(料理: HOME.古田陽子)

■クラフト教室
その道のプロが素材の基本を話します。(無料:各コマ45分)

2日(木)
13時 漆の時間 器而庵/辻 徹
14時 陶の時間 小石原焼鶴見窯元/和田義弘
15時 ガラスの時間 STUDIO PREPA/平 勝久

3日(金)
13時 木の時間 IFUJI BOXMAKER/井藤昌志
14時 鉄の時間 鍛冶工房 弘光/小藤宗相
15時 布の時間 新啓織物/新井教央
出展者
安土草多
affordance
新啓織物
石丸陶芸(株)
伊藤弘子
IFUJI BOXMAKER/井藤昌志
岩間由希子
漆工房攝津 
オイコス・ワークショップ
大井川葛布 
オオヤマ・エリナ・マルケッタ
おかや木芸 
鍛冶工房 弘光 
(株)川口屋漆器店 
器而庵 
工藤省治 
グラスフォレスト
CASE GROUND
(有)小倉クリエーション 
五八 PRODUCTS 
栄木正敏デザイン研究所 
佐治陶器(株)
讃岐かが手まり保存会 
(有)柴田慶信商店 
鈴木寿一 
Studio 羽65 
Studio Prepa 
須藤鋳金工房
(株)セラミック・ジャパン 
(有)高倉工芸 
谷口悠子 
津軽塗 木村漆工房
Tenon 
時松辰夫 
苫米地正樹
(株)ナガエ 
中田漆木 
西村デザイン研究所 
林潤一郎 
蜂谷友季子 
福永浩太(産業工芸研究会)
フルスイング 
文化軽金属鋳造(株) 
ポンピン堂 
前島美江 
(株)松田桐箱製作所 
松本慶一郎
(有)松山陶工場 
三浦木地 
みちのくあかね会 
南川翠 
宮木英至 
monokraft
モノ・モノ 
安井惠子
山本太郎 
ゆかい社中そらぐみ
ヨシタ手工業デザイン室 
吉野百年杉・新子商店 
和田義弘
(50音順)


1/26 南イタリア料理会@洗足カフェいたします。

Information

毎週木曜日を担当させていただいている洗足カフェ。
今年からは毎月最終木曜日は夜まで営業いたします。
第1回目は1/26。19時〜21時ラストオーダー22時閉店となります。
常連さんのリクエストに応えて、オレキエッティという生パスタを作ります。
オレキエッティは、耳の形をしたショートパスタ。
3年前、南イタリアのプーリア州に旅行で行き、現地のマンマに習った料理の一つです。
予定しているメニューは下記にて。
予約していただくと全部食べられるお得なセット(3000円)になります。
みなさま、ぜひお誘い合わせの上、南房総の野菜でつくる南イタリアの料理を堪能しにいらしてください。
ワインも南イタリアのものを取り揃えておきます。

<前菜盛り合わせ>600円
キャベツのフェンネル風味
砂肝グリル
菜花とルッコラのフリッタータ(卵焼き)

<プリモ>
マカロニグラタン 600円
ブロッコリーのオレキエッティ 800円

<メイン>
茹で魚 春菊のソースかけ 600円
柿豚のフレッシュトマトとローズマリー煮込み 800円


「酒からその先へ』〜会津若松 鶴乃江酒造より〜@ももちどり

Information

3780a65655364b6e825046912d0f59883.jpg
2012年1月20日(金)--1月29日(日)に行われる、参宮橋の美味しいパンケーキ屋さん&器屋さんのももちどりでの会津若松の日本酒イベントに参加します。
鶴乃江酒造は300年以上前から続く老舗。(DM写真は、約100年前の鶴乃江酒造のもの!)
中でも「中将」は会津の日本酒といえばこれ、と言われるほどの銘酒です。
私も何種類かいただきましたが、食中酒でもすいすいいける美味しさ。

私はおりませんが、1月21日は鶴乃江酒造のお酒に合わせておつくりするおつまみとパンケーキのつけ合わせ、デザートをご提供します。
会期中は鶴乃江酒造の酒粕をつかったスコーンやクラッカー、日本酒漬けレーズン入りのパウンドケーキなどテイクアウトできます。

もちろん、器店では、日本酒に合う器展も。
常時お取り扱いのある寒川義雄さん、額賀章夫さん、三苫修さんの3人展だそうです。

みなさま、ぜひ。


続きを読む

1/13 新春エプロン展@trayで甘酒料理ふるまいます。

Information

01apron.jpg

大好きなアパレルブランドが集まって私の日常着、エプロンの展覧会がひらかれると
いわれたら、これは料理をつくらないと!と13日(金)にカフェ担当になりました。
だされたお題は「甘酒」。
いろいろな甘酒料理を考えています。
みなさまぜひ、いらしてください!

新春エプロン展 ーごはんもお菓子もあるよ!ー

2012年1月12日(木) ~15日(日) 12:00~19:00
@tray 東京都渋谷区代々木4-20-4
TEL : 03-6677-1999 
『参宮橋』より徒歩4分
http://www.tray.jp/b.html

モノ作りが大好きな8組のデザイナーが作った「エプロン」の展示販売会です。
エコバックや、おいしいごはんにケーキ、コーヒーも日替わりでご用意しています。
さらに、14(土)・15(日)は tray 恒例「つきいちやさいち」も同時開催。
2012年のはじまりに、おいしい時間を過ごしにいらしてください。
☆クレジットカードはご使用いただけませんので、ご了承ください。

参加メンバー
Air Room Product / ko'da-style / nooy / polka dot /
shibaf / vrana / ようさん工房 / YUKI (ABC 順)

○ごはんとお菓子(日替わり)
12日(木):お正月のごはん ごはん屋ヒバリ
13日(金);甘酒を使って  HOME. フルタヨウコ
14日(土):めでたロール  Afterhours
15日(日):めでタルト   STYLE'S CAKES & CO.
○土日はコーヒーもあります

○14日・15日には通常の「つきいち やさいち」同様、
 産地直送の新鮮野菜を販売いたします。
 あわせてお楽しみください。


2012年 謹賀新年

Information

IMG_1563.JPG

旧年中はみなさまに支えられ、充実した日々を送ることができました。
誠にありがとうございました。感謝しております。
自分が伝えられること伝え、知らなくてはならないことを吸収できるよう
今年はさらに日々精進していきたいと思っております。
ひとりでも多くのかたが幸せな毎日を送れるよう。。。

写真は、去年1月4日に十勝岳で撮影したものです。
雑誌『旅』最新号に「十勝岳へ、鈴木理策と雪を撮りにゆく」の取材時のものです。
理策さんの素敵な雪写真が掲載されておりますので、ぜひ書店でお手に取ってみてください。

※旧年師走にプライベートな諸事情があり、年賀状を書くのを断念してしまいました。
年賀状を送っていただいたかたにお返事できません。大変申し訳ございません。


1